債務整理の早期解決|不動産会社でマイホームを購入する秘策とは

不動産会社でマイホームを購入する秘策とは

債務整理の早期解決

マネー

現在福岡では、新築住宅の販売件数が少なくなっています。これは、不況の影響で余力のなくなった建築会社が増えたためですが、それに対して中古住宅の販売件数は増えています。これは、買う側も余力が少なくなり、より安く購入できる中古住宅を選択するようになったためです。こういった現状から福岡では、任意売却をする人が増えています。中古住宅の需要が高まっているということは、任意売却が比較的スムーズに進むということだからです。任意売却とは、返済できなくなった住宅ローンを、その住宅の売却によって返済することです。昨今の福岡では専門家による相談窓口も増えていることから、任意売却をより手軽におこなえるようになりました。中古住宅が売り手市場となっていることとあいまって、より早くより高く売却できるようになっているのです。

福岡で任意売却の相談窓口が増えたのは、住宅ローンの債権者への行政指導が原因のひとつとなっています。具体的には、貸付や返済における条件の変更に柔軟に対応することを求める行政指導です。これにより債権者は、住宅ローンの返済が遅延した場合に、すぐには競売をおこなわないようになったのです。つまり競売件数が減ったということですから、そのことからも債務者は任意売却をおこないやすくなりました。とはいえ、遅延が長く続くと結局競売に進むことになります。そのため債権者が柔軟な対応をしてくれている間に、債務者は急いで任意売却を進める必要があります。そしてその需要にあわせて、相談窓口が増えたということなのです。相談窓口を利用すると、債権者との話し合いや、住宅売却のための宣伝活動などを、専門家が手助けをするようになります。これにより、債務整理の早期解決が可能となるのです。