住宅問題を代理で解決|不動産会社でマイホームを購入する秘策とは

不動産会社でマイホームを購入する秘策とは

住宅問題を代理で解決

ウーマン

誰も住まない住宅の維持

住宅問題の1つに空き家の増加があり、全国各地でその数は2013年度の時点で約820万戸となっています。このままいくと2033年までには2,000万戸を超すとも言われており、深刻な問題として扱われているのです。空き家がここまで増えてきた原因は、高齢者数の増加や今後は人口減少による課題も挙げられています。日本では住宅の購入は圧倒的に新築が多いため、それも空き家の増加に歯車をかけてしまっているのです。しかし、中には空き家を売らずにそのまま管理を続けたいという人もいます。いろいろな事情があるため、管理をした方がいいという場合もあります。そのような管理を代理で行ってくれるサービスが近年では注目されています。家族など遠方に住んでいる場合は、空き家の管理が難しくなってしまいます。けれども、それを行う管理サービスでは幅広い面で管理を行ってくれるため、安心して任せていくことができます。

具体的なサービス

空き家の管理を行うサービスには、住宅の維持として室内の清掃や換気などがあります。室内だけでなく敷地内における雑草の駆除や設備の点検などもあり、郵便物の転送も行ってくれます。また、建物内におけるカビや雨漏りのチェックもしてくれて、空き家周辺の巡回も安全面を重視して行われていきます。このような管理サービスは、月に1回などのように定期的に進められます。その度に異常の有無などを含めて依頼者に報告がいくので、どのような状態にあるのかが毎回確認できます。もちろんマンションなどの集合住宅にも対応しており、その住宅の形態によっては料金が異なる場合もあります。空き家をそのままにしておくと住宅の劣化が進み、周囲にも迷惑をかけてしまう可能性が大きいです。たくさんの意味から空き家でも管理が必要となるので、それができない場合はプロに頼っていく方法もあります。空き家の維持で悩んでいる場合には、1度相談してみるといいでしょう。